2024年 スリランカ アドベンチャーウォーク!
TEAM A☆H☆O

たねひとinfo.

TEAM A☆H☆Oゴビ砂漠挑戦!スペシャルサイトできました
無料で2作品の映画が見れたり
監督スペシャルインタビューも見れます!

ハッピーこうちゃん公式サイト オープンしました

遊Lera発!自然とつながる和のサウナブランド『湧和』wakuwa始動しました!雑誌『SAUNA BROS』の次号にちょこっと掲載決定!

クリエイティヴチーム『遊Lera』公式サイトオープンしました。WEBサイトや動画、講座などを通してHAPPYを増やす活動をしていきます

VISON

どんなときでもハッピーと言い合える世界をつくる

どんなときでもハッピーと言い合える世界をつくる

MOTTO

HOPE   希望
ACTION   行動
PEACE   平和
PIECE  仲間
YELL  応援

MISSION

挑戦する人を増やし

応援してくれる人を増やし

たねをまくひと(リーダー)を生み出し

どんな時でもハッピーと言い合える世界を作っていきます。

たねをまくひととは、人生の宝物を見つけるきっかけをつくる人。

たねとは、希望、勇気、優しさ、才能などそれぞれが大切にしているもの。

僕はそのきっかけの場を作り続けていきます。

そして、たねをまくひとを増やしていきます。

できる できないではなく、

笑い楽しみながら一歩踏み出すことの大切さを伝えて挑戦していきます。

たねをまくひと株式会社の “生まれるまで” と “これから” 

代表の川島孝一は2006年から2019年まで
「はじめの一歩のきっかけをつくる」NPO法人で活動をしていました。

2011年3月11日東日本大震災が起きた日、川島は福島にいました。

すぐに緊急支援に携わり、活動していく中で、
「自分のできるやり方で笑顔や希望をどのように増やすことができるか?」
と自分に問いかけるようになりました。

自問自答していく中で、「100」「マラソン」というキーワードがでてきて、
「100kmマラソン」に挑戦をしました。

挑戦したことで、応援していただいた方から
「勇気がでました」「私も何かに挑戦します」
とコメントをいただいたことで、
「自分のワクワクすることをやることが、誰かの勇気に繋がる」ことを実感しました。

同じタイミングで、彼は1冊の本と出会いました。

その本の著者がサハラマラソンを走ったときの内容が書いてありました。

“あまりにも暑い中で著者がリタイヤしようと思った時、後ろから盲目の男性が伴走者をつけて歩いてくる。

その盲目の男性に”なぜ挑戦しているのか” 話を聞いたら盲目の男性は

「私は家族を病気で亡くし、私は目が見えないのですが、
過酷なレースに挑戦することで募金を集めてその募金を病院に寄付している」

と答えました。”

川島はそれを読んだときに、とても感動して、
いつか自分も挑戦を通して誰かのハッピーを増やしたいと思い、
まず過酷なレースにチームで挑戦することを決めました。

2014年にサハラ砂漠レースから始まった挑戦が、
ブラジルジャングルマラソンアタカマ砂漠レース2回、

ペルーイカ砂漠レースニュージーランドレースを経て、
2023年11月に行われるヨルダンの砂漠レースは7回目の挑戦となります。

2014年第2回目の挑戦
「世界一過酷な耐久レースブラジルジャングルマラソン」で
チームメンバーとなった小泉雅央との出会いにより、
ドキュメンタリー映画を創ることになりました。

小泉は、第4回、5回、6回のレースに出場しながら、カメラを回し、
ドキュメンタリー映画「LIFE TREASURE 1」「LIFE TREASURE 2」を自主制作。

全国で自主上映、学校上映をしていただいております。

また2作目は文部科学省選定作品となっております。

挑戦していく中で、一緒に挑戦する人が増え、
応援する人もどんどん増えています。

そして、その中から今度は自分がリーダーとなる人が増えています。

2014年から一緒にさまざまな挑戦をしてきた、川島と小泉は、
さらに希望あふれる世界を創っていくために、
たねをまくひと株式会社を立ち上げました。

これから、さまざまな活動を通して、
きっかけのたねを増やしていくリーダー(たねをまくひと)を生み出して、

どんなときでもハッピーと言い合える世界を創っていきます。